歴史と文化と緑に育まれた、
みんなが主役のまち「文の京」

東京都文京区 成澤廣修区長

 これまで先人たちによって脈々と受け継がれ、区民の誇りの源泉ともいえる歴史・文化・緑を今後も引き続き大切に守り、活かしながら、多様な主体が対等なパートナーとして、ふれ合い、支え合い、助け合える、みんなが主役のまちづくりを浸透させていきます。そして、あらゆる世代の区民が分け隔てなく、いつまでも、心豊かに、いきいきと、自分らしく暮らせる、さらに、未来へ誇りを持って継承できる「文の京」を創り上げていきます。

 文京区は、東京23区のほぼ中心に位置し、多種多様な魅力にあふれたまちです。小石川後楽園や六義園などの江戸時代の名残を残す緑豊かな庭園、護国寺や根津神社などの由緒ある神社仏閣が散在し、都心にありながら落ち着いた雰囲気を醸し出しています。また、「文の京」の名のとおり、森鴎外や夏目漱石など近代文学史上に名を連ねる文豪たちが暮らしたまちであるとともに、東京大学をはじめとする多くの教育機関が集積する文化の香りの高さは、区民の誇りと愛着の礎です。さらには、東京ドームや講道館、日本サッカーミュージアムといったスポーツ資源も豊富にあり、さまざまな魅力を発信しています。
本区の基本構想に掲げる「みんなが主役のまち」、「『文の京』らしさのあふれるまち」、「だれもがいきいきと暮らせるまち」の3つの理念の下、将来都市像である「歴史と文化と緑に育まれた、みんなが主役のまち『文の京』」の実現に向け、私は、「文の京」の未来を担う「子どもたち」と、地域を守り育ててくれた功労者である「高齢者」という大切な2つの世代を繋ぐ「責任世代」として、すべての世代に豊かな暮らしを実感していただくよう、多様な施策の充実に取り組んでいます。一人ひとりが自分らしく輝くことで、「文の京」の魅力をさらに高め、すべての区民が住んでいて良かった、これからも住み続けたいと実感し、区外の方にもぜひ住んでみたいと思える自治体として今後も持続可能な成長を続け、「文の京」を未来へ繋いでまいります。

四季を彩る 文京のまつり

本区は、都心部においても緑が多く、自然に恵まれた地域です。梅、桜、つつじ、あじさい、菊と四季の花をテーマにした「文京花の五大まつり」をはじめ、寺社を会場にした「朝顔・ほおずき市」や「根津・千駄木下町まつり」など魅力あるまつりが多くあります。

歴史と文化に彩られた深き緑の文京の地

本区には大名庭園や緑豊かな公園など、区民の憩いの場が豊富にあります。歴史や文化を感じながらゆっくり散策してみませんか。お気に入りの景色がきっとみつかります。


文京区の『特色ある施策』をご紹介します

『こども宅食プロジェクト』

文京区の見どころピックアップ!

【イベント】文京花の五大まつり(2月:梅、3月:さくら、4~5月:つつじ、6月:あじさい、11月:菊)
【イベント】文京朝顔・ほおずき市(7月)
【イベント】根津・千駄木下町まつり(10月)
【施設】文京シビックセンター
【施設】文京区立森鴎外記念館
【施設】文京ふるさと歴史館
【施設】東京ドームシティ

湯島・本郷 文学浪漫コース

樋口一葉をはじめ、数多くの文人たちがこよなく愛した街。その足跡をたどりながら、ありし日の文人たちの心の内をふっと垣間見る。そんな文学浪漫の香りあふれる周遊コースとなっています。
◆詳しくはこちら

史跡湯島聖堂

湯島天満宮

東京大学

旧伊勢屋質店

文京ふるさと歴史館

文京シビックセンター

大塚・目白台 芸術浪漫コース

将軍家ゆかりの名刹、護国寺で元禄の雄大な建築美を堪能しつつ由緒ある建造物や著名人の史跡をたずねる。芸術の香り高い周遊コースとなっています。
◆詳しくはこちら

護国寺

東京カテドラル 聖マリア大聖堂

ホテル椿山荘東京

印刷博物館

文の京ゆかりの文人銘菓

文京区内の菓子店の皆様が、区ゆかりの文人たちにちなんだお菓子を創作しました。“ここでしか買えない”お土産「文の京ゆかりの文人銘菓」の風味とともに、文京区のまちあるきをお楽しみください。
◆詳しくはこちら

最新情報はこちらでチェック
公式SNS



PAGE TOP