挑戦し続ける 元気あふれるまち まつばら

大阪府松原市 澤井宏文市長

市民が「まつばら」に住むことに誇りと希望を持つことができ、さらに市民が心を和らげることができるほっとするまちにしていきます。市民それぞれが自立し、一人ひとりの夢、まちの夢に向かうことができるよう、その夢をバックアップできるための都市基盤づくりと行財政力を確立し、活力あふれる「元気なまち松原」をめざします。

松原市は、大阪府のほぼ中央に位置し、大阪市や堺市、羽曳野市、藤井寺市に接しています。面積は約4㎞四方の16.66㎢とコンパクトであり、そのほとんどが平坦地で、非常に住みやすい地形です。
現在松原市は、「もっと先に、さらに前へ」をキーワードに、「働きながら、子育てしやすいまち まつばら」「躍動するまち まつばら」「安心・安全、快適なまち まつばら」「徹底した経営改革のまち まつばら」の4つのまちづくりの実現に全力をあげて取り組んでいます。
これまでも、安心・安全なまちづくりに特に力を入れて取り組み、平成25年11月には大阪で初となるWHOセーフコミュニティ国際認証を取得しました。セーフコミュニティ国際認証という本市の大きな財産を、認証取得後も引き続き市民との協働の取組と検証によりセーフコミュニティ活動を推進したことで、平成29年度に総務大臣表彰を受賞することができました。平成30年度においても、セーフコミュニティ国際認証の再認証を目指し協働の取組を進めていきます。さらに、このセーフコミュニティの取組を継承し、布忍小学校、中央小学校、松原第三中学校において「安心・安全な学校づくり」の取組を行い、平成29年度には「インターナショナルセーフスクール」の国際認証を取得しました。
今後は、「さらなる前進」をスローガンに、本市の未来のために、市民との協働の取組により、全ての世代の方々に愛着を持っていただける魅力あるまちづくりを推進し、誰もが「住んでみたい、住んでよかった、住み続けたい」と思っていただける、日本一のまち・まつばらを実現できるよう、本市の発展に全力を尽くしていきます。

鉄道、道路網が充実している通勤、通学、観光に便利なまち

大阪府のほぼ中央、「大阪のへそ」に位置します。新大阪駅や関西国際空港へも鉄道で1時間以内、京都や奈良などの近畿圏内の観光地へも高速道路の利用で約1時間というように、鉄道網、道路網が充実しています。

安心・安全なまち

平成25年に、大阪府下で初めてのセーフコミュニティ国際認証都市となりました。市民・関係機関・団体や企業と市が協働し、事故や犯罪の防止となる取組をおこなっています。

松原市の見どころピックアップ!

【イベント】ぐるっとまつばら健康ウォーク(4月)
【イベント】バラフェスティバル(5月)
【イベント】まつばら市民まつり(8月)
【イベント】まつばらマルシェ(10~11月)
【施設】スポーツパークまつばら
【特産品】河内合鴨、金網、印材、真珠核
【特産品】「まったら愛っ娘(まなっこ)」松原育ち(トマト、枝豆等)

歴史でまったりコース

歯の神様を祀る神社や全国第5位の規模を誇る前方後円墳を巡ります。

柴籬神社

河内大塚山古墳

竹内海苔

Chatoka-茶と菓-

家族でお散歩コース

小さなお子様と一緒でも楽しめるコースです。公園や遊歩道は季節によって変化する自然が魅力的です。

西除川遊歩道

北新町大池公園

Bon・Bon 松原店

ミートショップマツイ

地元産のグルメで舌鼓!

特産品の河内鴨、松原市産の農産物「まったら愛っ娘~松原育ち~」等を使った地産地消推進店で松原市の味をお楽しみください。


PAGE TOP