人・自然・歴史・文化輝く
ふれあいと創造のまち 河内長野

大阪府河内長野市 島田 智明市長

市民一人ひとりが元気で輝き、本市が持つ魅力的な自然・歴史・文化にさらに磨きをかけるとともに、人と人、人と自然、人と歴史・文化とのつながりを大切にします。
さらに、市民同士のふれあいや支えあいによって豊かな暮らしを創造するとともに、新たな魅力や価値を創出し、にぎわいや活力に満ちたまちを創造します。

河内長野市は、大阪府の南東端に位置し、大阪都心から電車で30分という便利な位置にありながら、全国有数の歴史資源と豊かな自然に恵まれた人口約10万6千人の住宅都市(ベットタウン)です。
現在、河内長野市では、「ベットタウン」でありながら「観光地」を目指す取り組みを進めており、「奥河内」というエリア名称を用いて「ちかくて、ふかい奥河内」をキャッチフレーズに市の魅力発信に取り組んでいます。
特に、奥河内の玄関口にあたる道の駅「奥河内くろまろの郷」は、交流人口の増加を図る新たな観光拠点に位置づけており、家族連れやサイクリストの更なる誘客を積極的に進めているところです。そして、ここを拠点にススキの名所である岩湧山や四十八滝で知られる滝畑といった奥河内エリアをめぐる観光ルートの紹介にも力を入れています。
また、市内に有する国宝8点、重要文化財76点をはじめとする歴史文化遺産の多くが、鎌倉時代から戦国時代にかけての「中世」のものであることから、「中世に出逢えるまち」として、日本遺産の認定に向けて準備を進めています。
さらに、本市は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、南朝の武将として活躍した楠木正成ゆかりの地であり、平成30年4月に、楠木正成・正行親子ゆかりの自治体と、「楠公さん大河ドラマ誘致協議会」を発足(平成30年12月現在、関西の政令指定都市4市を含む36自治体が加盟)し、その実現に向けて精力的に活動しています。
その他にも、高野山への参詣道として栄えた「高野街道」には、今も酒蔵をはじめ、かつての旅籠が軒を並べた旧三日市宿などの情緒あふれる街並みが残り、これらの資源を活用した観光振興にも力を注いでいるところです。
今後は、これらの取り組みが起爆剤となり、観光による交流人口の増加が、まちの雇用創出や魅力創出につながり、やがて、定住人口の維持から増加へと至るよう取り組んでまいります。

国宝8点、重要文化財76点、合計84点の歴史文化遺産

檜尾山観心寺と天野山金剛寺を中心に、国宝8点、重要文化財76点で合計84点もの歴史遺産があり、この数は、日本全国1,718市町村(東京23区を除く)の中で、第15位となります。

大阪府内で最も安全・安心なまち

大阪府内33市の中で、人口10万人あたりの犯罪発生率が、平成25年「最少」、平成26年「2位」、平成27年「最少」、平成28年「3位」、平成29年「最少」という結果でした。

河内長野市の見どころピックアップ!

【イベント】市民まつり(5月頃)
【イベント】高野街道まつり(10月頃)
【イベント】商工祭(11月頃)
【イベント】ぐるっとまちじゅう博物館
【観光】檜尾山観心寺
【観光】天野山金剛寺
【観光】岩湧山
【観光】滝畑ダム
【観光】関西サイクルスポーツセンター
【施設】道の駅 奥河内くろまろの郷
【施設】岩湧の森 四季彩館

河内長野の歴史と自然を訪ね歩き、道の駅へ

河内長野の歴史や自然に触れながら散策を楽しみ、道の駅での体験やお買いものも満喫できるコースです。
コース距離約8km。
「観心寺」→「延命寺」→「高野街道」→「烏帽子形八幡神社」→「烏帽子形公園」→「ふるさと歴史学習館」→「花の文化園」→「道の駅奥河内くろまろの郷」を巡るコース。

観心寺

延命寺

烏帽子形八幡神社

ふるさと歴史学習館

大阪府立花の文化園

道の駅 奥河内くろまろの郷

高野山へ続く参詣道として栄えた西高野街道を歩く

京の都と真言宗の聖地高野山を結ぶ参詣道として栄えた高野街道のルートの一つ、西高野街道を満喫できるコースです。
コース距離は約6.6km。
「南海高野線滝谷駅」をスタートし、寺社や古い街並みを巡り、「南海高野線三日市町駅」がゴールです。

松林寺

盛松寺

長野神社

高野街道

烏帽子形八幡神社

旧三日市交番

河内長野のグルメ・温泉宿おすすめ情報

道の駅 奥河内くろまろの郷の「ビュッフェレストラン奥河内」では、地元農家が作った新鮮な野菜がたっぷりのメニューがずらり。
奥河内ビジターセンターでは、パンや加工品、地酒なども購入できます。
温泉で旅の疲れを癒すのもおすすめです。


PAGE TOP