宮崎県日南市『飫肥のまち再興プロジェクト』

令和元年度~令和2年度

歴史的建造物の維持を持続可能なものに

九州で初めて国の伝統的建造物群保存地区に選定されるなど、九州の小京都とも呼ばれる日南市飫肥に存在する歴史的建造物群については、老朽化が進み入館者数も年々減少するなど、施設の運営は赤字になり、今後すべての施設の維持・管理費や改修費用等を市が負担するのは財政的にも厳しくなっておりました。そのため、「市が全てを負担する」という概念を捨て、「市が民間に貸出し」民間資金等により建物を再生し、民間が利活用することで「新たな価値」をつくり、歴史的建造物の維持を持続可能なものとするこれまでとは全く違う手法にチャレンジしました。

宮崎県日南市『飫肥のまち再興プロジェクト』

PAGE TOP