埼玉県狭山市『デマンドバス実証運行事業』

令和3年度〜

持続可能な取組とすることを目指す

高齢化率や交通空白地域の人口割合、生活利便性を踏まえ選定した、新たな地域公共交通の導入優先地区において、AI予約・配車システムを活用したデマンドバス実証運行を実施しています。
実証運行にあたっては、運行計画の作成や運行事業者との契約、オペレーションセンターの運営を地域が主体となって実施し、地域の特性や利用者のニーズを的確に把握し、継続的に運行内容の最適化を図ることで、持続可能な取組とすることを目指しています。

小谷野 剛市長のページ

埼玉県狭山市『デマンドバス実証運行事業』詳細ページ

PAGE TOP